お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
用途
場所 : ホーム > 用途 >

用途

現在、レーザーは、3C製品、包装、太陽光発電、医療機器、家具など様々な分野で利用されています。

  • IT

    近年、レーザー加工技術は、IT業界で幅広く応用され、電子製品製造メーカーの高品質製品の製造、生産効率の向上に役立っています。レーザーマーキングは、IT製品の製造分野で最もよく利用される技術であり、製造メーカーは、レーザーを利用して商標や二次元コードを製品に付

  • 包装

    レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。例えば、販売管理がしやすいようにたばこの箱に二次元コードを付ける場合があり、また、薬品の包装にセキュリティコードを付けたり、PETボトルに製造年月日を付ける場合があります。

  • 自動車部品

    レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術であり、長年にわたって高品質の自動車部品の製造に使用され続けています。レーザーマーキング、レーザー溶接及びレーザー切断は、自動車業界で幅広く利用されています。

  • 金具

    レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。レーザーを利用すると、様々な種類の材料の高品質で安全なマーキング、ツール形状のカットができるとともに様々な金属の表面で異なる深さの彫刻も可能です。

  • ギフトとアクセサリー

    現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、主に宝石の穴あけ、複雑な形状のダイヤモンドのカット、原石のカット、標識、細かい溶接などに用いられます。レーザー加工技術を利用すると、環境を汚すことなくきめ細かい加工が可能であり、加工後の製品は二次処理を行う必要がありません。

  • 特殊な用途

    シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。レーザーを使用すると、シリコン、多結晶シリコン、ゲルマニウム、ガリウムヒ素などの切断、溝付けなどができ、かつシリコンの全ての表面を損傷することがなく、材料の本来の性質に影響を与えることもありません。総じて言えば、レーザー加工技術は、生産効率を大幅に向上させました。