お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
用途

消費電子製品

概要

消費電子製品は、主に日常的に使用される電子機器のことをいい、エンターテイメント、通信、オフィスなどの分野で幅広く使用されています。現在では、レーザー加工技術は、消費電子製品の製造において広く利用され、製造工程の簡素化に大きく寄与しています。ほとんどの大型消費電子製品製造会社は、レーザー加工技術を通じて、製品品質の向上、製造コストの低減を図っています。

利点

消費電子製品は、重要な特徴として、下がり続ける価格、向上し続ける品質という2つの特徴があります。この問題を解決するために、レーザー加工技術は、消費電子製品の製造において幅広く利用されています。従来のラベルやインクジェット印刷のマークは、剥がれやすく、二次汚染を引き起こすことが多く見られます。レーザーマーキング技術は、レーザー加工技術の1つとして、上記の問題を解決し、しかも、低コスト、低消費の利点があります。

サンプル

マウスマイクモニタースピーカー
キーボードカバーキーボードノートパソコンのキーボードLCD

ビデオ

レーザー製造技術のIT製品製造での活用

推奨モデル

YLP-F Mars-J