お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
レーザーの原理

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>

レーザーの原理

コンセプト

小型化し続ける電子機器、半導体製造及び医療技術は、レーザー利用のための独特な機会を提供しています。特に従来の材料加工方法が制限されるとき、レーザーは、その優れたフォーカス及び加工後の小さな熱影響部により、従来の加工方法に取って代わるベストな技術となっています。レーザー加工技術は、優れた自動化機能及び重複可能性を持つため、ツール及び自動車金型製造分野の理想的な加工方法となっています。レーザーは、黄金、ダイヤモンド及びチタンなどに対しても高品質の加工ができることは、よりありがたいことです。この優位性は、真珠•宝石及び太陽電池技術分野では特に明らかになっています。