お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
ニュース

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>

固体レーザー発明者•ドイツのウェーバー博士は当社を訪問

2009年11月10日~11日、ホルスト•ウェーバー博士は、当社を2日間訪問し、当社の最高技術責任者•呂博士は、レーザー技術面の話題についてホルスト•ウェーバー博士と話をしました。

当社の実験室及び生産部門を見学した後、ウェーバー博士は、当社が、過去13年間で成し遂げた成果に驚きました。

当社の招きに応じて、ウェーバー博士は、当社の開発エンジニアを対象に「高出力固体レーザー加工機」という特別講座を開催し、現場で受講者の質問に答えました。

ウェーバー博士の特別講座

特別演説

当社の最高技術責任者•呂博士がウェーバー博士と一緒に撮った写真


添付資料:ウェーバー博士の紹介

ウェーバー博士は、ドイツのベルリンで生まれ、1935年にベルリン技術大学の哲学学部を卒業しました。彼の博士課程指導教官、有名な物理学者•ハンス•ベルシュは、初めての固体レーザー加工機を開発したので、ドイツでドイツの固体レーザー加工機の父として知られています。ウェーバー博士は、世界的に有名な光学専門家であり、主な研究課題は、光共振器、レーザービーム品質の評価方法、新型固体レーザー加工機があります。1987年、世界的に有名な研究機構•ベルリン固体研究所を設立し、この研究所の主な責任者として2000年まで勤めていました。