お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
製品

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>
  • 光ファイバーシリーズ

    光ファイバーレーザーマーキング機は、当社が最近研究開発を行った結果であり、金属及び一部の非金属材料にマーキングするための光ファイバーレーザー発生器を備えています。光ファイバーレーザーマーキング機シリーズ製品は、コンパクトなデザイン、高品質のビーム及び高い信頼性などの利点があります。さらに、その電気•光変換率が高く理想的です。
  • EPシリーズ

    ダイオードエンドポンプレーザーマーキング機シリーズ製品は、世界的にも最新かつ最も先進的なレーザー励起技術を用いています。レーザー結晶のエンド経由で、直接半導体励起レーザーを励起することにより、ダイオードエンドポンプレーザーマーキング機は、その光学レンズから高品質のレーザーを出力することができます。
  • DPシリーズ

    ダイオードサイドポンプレーザーマーキング機シリーズ製品は、世界的にも最も先進的なレーザー励起技術を用いています。半導体レーザーダイオードでNd:YAGを励起することにより、作動媒体は、大量の反転粒子を生じることができます。Q‐スイッチの機能により、波長1064nmのジャイアントパルスレーザーを発生させることができます。
  • YAGシリーズ

    ランプポンプYAGレーザーマーキング機シリーズ製品は、高効率、高出力及び高安定性の利点があります。その技術は、最も成熟し広く使用されている固体レーザー技術です。ランプポンプYAGレーザーマーキング機は、刺激源としてクリプトンランプ、作動媒体としてNd:YAGを用いています。
  • CO2シリーズ

    CO2レーザーマーキング機シリーズ製品は、ガス発生器の1種であるCO2レーザー発生器を用いています。CO2レーザーマーキング機の波長は、10.6μmです。CO2レーザーマーキング機シリーズ製品は、高出力、高い電気•光変換率の利点があり、多くの製品種類とりわけ非金属製品のマーキングに適しています。