お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
用途

自動車内装

概要

レーザーマーキングは、自動車内装の生産において最もよく使用されるレーザー加工技術です。従来の加工方法(インクジェットプリンター)に比べて、レーザーマーキングは、細かくかつ永久的なマーキングが可能であり、ほとんどの材料に利用することができます。

利点

ガラス表面のマーキング及びガラス内部の彫刻は、レーザーマーキング技術以外では不可能なことです。従来のマーキング技術を使用する場合、マークは摩耗されやすいという問題があります。レーザーマーキング技術を使用すると、このような問題の解決は可能になります。355nmのUVレーザーは、ガラス表面のマーキングに利用できます。この独特の技術は、バックミラー及びフロントガラスの製造において広く使用されています。

サンプル

ガラススピーカーPパネルパネル
ボタンステッカーブレーキライニングボタン

推奨モデル

YLP-FMars-JDP-50SCYAG-M50