お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
会社

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>
場所 : ホーム > 会社 > 沿革 >

歴史

2011 - 2010 2009 - 2008 2007 - 2006 2005 - 2004 2003 - 2002 2001 - 2000 1999 - 1998 1997 - 1996

大族レーザーの意味

HAN’Sは、漢民族の意味であり、漢民族は、世界で一番人口の多い民族として中華民族を代表しています。LASERはレーザーのことであり、漢民族のレーザーは中国のレーザーとなります。HANとSとの間の赤い星は、われわれの5つ星に対する感情を代表し、5つ星を見ると中国を思い出し、中国本土の企業であることがもっと明らかになります。また、当社は成長し続け、膨大な体系になることを願っているという意味も含まれています。

2011

2011年6月、当社の会長は、「中国上場会社最も尊敬される会長」に選ばれました。

2010

  • 2010年4月、深セン深南大道にあって建築面積7.7万m2の大族本部ビルが完成し使用開始。
  • 2010年5月、深セン宝安にあって建築面積23万m2の大族グローバル生産拠点が完成し使用開始。
  • 2010年9月、会長•高雲峰は、「深セン経済特区30年傑出創業人物」に選ばれ、胡錦涛総書記の親切な会見を受けました。
  • 2010年10月、「通用市場製品化、戦略方向業界化」の戦略を打ち出し、力を集めて高品質のマーキング、溶接、切断の3種の製品の製造に取り組み、資源を集めてPCB、LED及び太陽エネルギーの3つの産業の深いレベルでの発展に取り組んでいました。