• in
  • fk
  • twitter

inftwitter

Han’s Laser Technology Industry Group Co., Ltd, Copyright © GuangDong ICP No. 05013795 Copyright Notices

シートメタル

ページビュー数:
簡単な紹介

レーザーカッティングのシートメタル加工はレーザービームが加工材料を探知することで行ないます。レーザーカッティングはハイパワーレーザーが光学系部分を通ることで出力されます。レーザービームは固体系と非固体系に分かれますが、ファイバーレーザーやCO2レーザーがあります。ファイバーレーザーの波長は1.06μmでCO2レーザーの波長の10分の1のため、金属に吸収されやすくなっており、MS(ニッケル・コバルト混合硫化物)、SUS(ステンレス鋼)の切断速度が速くなります。

xwレーザーカッティングは軟鋼、ステンレス鋼、アルミニウム合金、酸洗鋼板、亜鉛メッキシート、シリコン鋼プレート、電解質プレート、チタン合金、マンガン合金などに使用されています。 レーザーカッティングはは厚さ 0.5-40mmの軟鋼や、0.5-40mmのステンレス鋼や0.5-40mmのアルミニウム、0.5-8mmの銅の加工もできます。

ステンレス鋼の切断にアシストガスは必要なく、新技術はアシストガス無しでより良い断品質を提供します。ステンレス鋼切断において、窒素と酸素のサポート方式に比べてエアーサポート切断技術はハイスピードでありかつより良い品質を確保します。 シートメタルレーザーカッティング機器は素晴らしいカッティング体験を提供致します。

 

 

 

 
推奨機器
  • Open fiber laser cutting machine:

    MPS-3015D
  • Interactive optical fiber laser cutting machine:

    MPS-3015C
  • Plate tube optical fiber laser cutting machine:

    MPS-3015DT