お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
製品

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>
  • WFシリーズ

    WFレーザー溶接機シリーズ製品は、電流フィードバック技術を用い、光ファイバーを通してレーザーを伝送し、スポット溶接、突き合わせ溶接、シール溶接など様々な溶接に適用することができ、複数の平面又はスポットに同時に溶接を行うことが可能です。WFレーザー溶接機シリーズ製品は、優れたビーム品質、均一で小さな白斑、高い信頼性及び安定した溶接品質、据付け•移動しやすいなどの利点があります。
  • PBシリーズ

    PBレーザー溶接機シリーズ製品は、従来の電流フィードバック技術に比べてエネルギーの安定性が著しく改善されたパワーフィードバック方式を用いています。パワーフィードバック技術による電力減衰がなく、高い深さ対幅の比、小さな溶接シーム、小さな熱影響部、微小な熱変形及び高い溶接速度などの利点があります。
  • WFDシリーズ

    プラスチックレーザー溶接機シリーズ製品は、半導体レーザーを使用し、光ファイバー伝送を通じて溶接を行います。プラスチックレーザー溶接機シリーズ製品は、電子、自動車、コンピューター、通信、医療、航空宇宙などの業界のプラスチック製品に広く使用されています。高出力半導体レーザー溶接は、迅速、効果的かつクリーンな溶接方法であり、連続レーザー溶接は、回路基板の製造において広く利用されています。
  • スポット溶接機

    レーザースポット溶接機シリーズ製品は、主に金銀装飾品の穴埋め、スポット溶接、継手補修及び欠陥補修に使用されています。レーザースポット溶接機シリーズ製品は、小さな熱影響部、調節可能な溶接スポット、微細でなめらかな溶接効果、正確な位置決め、高い溶接速度、良好な溶接品質及び環境に優しいなどの利点があります。適用可能な材料は、金、銀、プラチナ、ステンレス、チタン及びその他の金属、合金があげられます。レーザースポット溶接機シリーズ製品は、義歯の補修、電池•ICリードひげぜんまい•ブラウン管及び電子銃のニッケルストリップの溶接に広く応用されています。
  • 金型補修溶接

    レーザー金型補修溶接機シリーズ製品は、高度に集中するエネルギーで金型の破損部分を溶接します。ピンホール、亀裂、摩耗したボーダー、壊れたコーナー及びその他のコンポーネントの微小な部分は、これらの溶接機によって効果的に修復することができます。小さな溶接スポット、小さな熱影響部、並びに気泡•沈下•熱ひずみ•構造変化がないなどの利点があります。レーザー金型補修溶接機シリーズ製品は、携帯電話、デジタル製品、おもちゃ、自動車及びオートバイなど金型製造及び成形業界で広く使用されています。
  • FP

    FP150レーザー溶接機は、新世代の近赤外スペクトル範囲のダイオード励起光ファイバーレーザーシステムであり、良好なビーム品質、高い光透過率及び電気•光変換効率などの特性を持ち、主に薄壁材料及び高速溶接に使用され、溶接プロセスは、熱伝導型であり、すなわち、レーザー照射加熱面、ガイド面の熱は、熱伝達により内部に拡散し、レーザーパルスエネルギーの幅、ピークパワー及び反復周波数などのパラメーターをコントロールすることにより、加工物を溶融させ、特定のプールを形成します。その独特な特性により、小型部品の溶接に利用されています。
  • WFFシリーズ

    WFFシリーズは、最新の溶接機技術機器として、自動車部品、航空宇宙、機械金具及び家電部品などの業界で広く使用されています。