お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
製品

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>

FP

FP150レーザー溶接機は、新世代の近赤外スペクトル範囲のダイオード励起光ファイバーレーザーシステムであり、良好なビーム品質、高い光透過率及び電気•光変換効率などの特性を持ち、主に薄壁材料及び高速溶接に使用され、溶接プロセスは、熱伝導型であり、すなわち、レーザー照射加熱面、ガイド面の熱は、熱伝達により内部に拡散し、レーザーパルスエネルギーの幅、ピークパワー及び反復周波数などのパラメーターをコントロールすることにより、加工物を溶融させ、特定のプールを形成します。その独特な特性により、小型部品の溶接に利用されています。