お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
製品

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>
  • 金属切断

    金属板レーザー切断機シリーズ製品は、光ファイバーレーザー発生器を備え、リニアモーター駆動、IKOスライドレール発射及びCNCシステム制御を用い、切断経路は、線状、環状又はこれらの組み合わせで設定することができます。金属板レーザー切断機シリーズ製品は、位置決め精度及び反復位置決め精度が高いという利点があって、ステンレス、アルミニウム、炭素鋼、銅などの金属板の切断に広く利用されています。
  • 非金属切断

    非金属レーザー切断機シリーズ製品は、主に非金属材料の切断に用いられます。レーザー切断方法で非金属材料を切断する場合、切断精度が高く、切断速度が速く及び切断効果が良いなどの利点があって、絶縁材料、SMTボード、PET、PC、PP、ABS、木材、紙、ゴム、皮革、アクリル、樹脂及びその他の非金属材料の切断に広く利用されています。
  • ワイヤー剥離

    レーザー剥離機シリーズ製品は、主にワイヤーの加工に用いられます。レーザー剥離機シリーズ製品は、全密閉構造を用い、レーザー発振器は、機械の外部に取り付けられ、作業台は、A-合金ベースを用い、キャビネットの外部に取り付けられています。機械が運転しているときに、作業台の振動は、光学素子の安定性に与えることがないため、切断の品質が高く、メンテナンスの時間も減少します。