お問い合わせ | サイトマップ | 言語:
安全ガイド

用途

  • 近年、レーザー加工技術は、IT業界
  • レーザー技術は、包装業界で幅広く使用されています。
  • レーザー加工技術は、自動車生産で用いられる先進的な技術
  • レーザー技術は、金具類部品の生産においてますます広く利用されています。
  • 現在、レーザーは、宝石学及び真珠•宝石アクセサリーの加工分野で幅広く利用されており、
  • シリコンウエハー切断機は、主に太陽電池業界や半導体業界で使用されています。
詳細はこちら >>

安全ガイド

安全標準

クラス1のレーザーでも、潜在的な危険性があると考えられています。セオドアメーマンが作った初めてのレーザーは、「ジレット」のパワーしかなく、ジレットのかみそりの刃しか加熱できません。しかし、数mWの低パワー照射でも、人間の目の視力を十分に損ないます。このレーザーの波長が角膜及びレンズにおいて網膜の範囲内に十分に集束すれば、このような可干渉性の低い発散するレーザーは、目によって網膜上の非常に小さい領域に集束されることになり、数秒又はもっと短い時間で網膜の一部の焼灼及び永久的な損傷の原因になります。
レーザーは通常、安全クラス番号付きのレーザー警告ラベルが貼り付けられています。
クラス1(Class I/1):CDプレーヤーなどのデバイスの中にある場合は安全です。通常、ビームが完全にデバイスの中に密閉されているかたです。
クラス2(Class II/2):正常に使用する場合は安全であり、目が反射的にまばたくと損傷を避けられます。このようなデバイスは通常、パワーが1mWを下回ります。例えば、レーザーポインターがあげられます。
クラス3 a/R(Class IIIa/3R):パワーは通常、5mWになり、また、目が反射的にまばたく時間内に目を損傷させる小さなリスクがあります。このようなビームを数秒見ると、直ちに網膜を損傷します。
クラス3b/B(Class IIIb/3B):暴露の場合には、直ちに目を損傷します。
クラス4(Class IV/4):レーザーは、皮膚を焼灼します。一部の場合には、散乱のレーザーでも、目や皮膚を損傷します。多くの産業用及び科学用レーザーはこのクラスのレーザーとなります。
このような表示されたパワーは、可視光と連続波長のレーザーのためのものです。パルスレーザーや目に見えないレーザーについては、その他の制限があります。クラス3B及びクラス4のレーザーを使用する人については、特定の波長の光を吸収可能でその目を保護するゴーグルが必要となります。
波長が1.4μMを超える赤外線レーザーは通常、「目に安全」というレーザーに分類されます。水分子の内在分子が振動すると、これらの波長の近くのスペクトルを強く吸収するため、これらの波長のレーザーは、角膜を通るときに希釈され、全く残れない光線は、レンズから集束され網膜に到達します。但し、「目に安全」というラベルは、誤解を招く可能性があります。低パワーの連続ビームにのみ適し、全ての高パワー又はQ-ブレーカー付きのレーザーは、このような波長になると、同様に角膜を焼灼し、目がひどく損傷される原因になります。