プレスリリース
レーザー溶接機を安全に使用するための注意事項の紹介
30
2021,06
レーザー溶接機を安全に使用するための注意事項の紹介
レーザー溶接機は、一般的に金属材料のテーラー溶接や補修溶接に使用されます。 レーザー溶接の動作原理は、高エネルギーレーザーパルスを使用して材料の小さな領域を加熱することです。高温エネルギーは材料の表面から内部に拡散し、溶融後に特定の溶融池を形成します。プロセス全体の材料は高温ですが、レーザー溶接機を安全に使用するにはどうすればよいでしょうか?
MORE
タイヤ産業におけるレーザーのアプリケーション分析
08
2021,06
タイヤ産業におけるレーザーのアプリケーション分析
現在のタイヤ製造業界は高度な自動化が進んでおり、3Dマシンビジョンが広く使用されています。 その中でもレーザーが広く使われています。 現在、中国での産業の高度化とローカリゼーションの要件により、多くのユーザーはこのタイプのレーザーについてあまり知られていません.この記事では、主にタイヤ製造およびタイヤ製造機械の分野でのレーザーの現在のアプリケーションを紹介します。
MORE
ファイバーレーザーの長所
28
2021,04
ファイバーレーザーの長所
光ファイバは通常、マトリックス材料としてSiO2から引き出された固体ガラスファイバであり、主に光ファイバ通信で広く使用されています。光ガイドの原理は、光の内部全反射のメカニズムです。 通常の裸ファイバは、一般に、中央に高屈折率ガラスコア、中央に低屈折率石英ガラスクラッド、および 最も外側の強化樹脂コーティング組成物。 光ファイバは、シングルモードファイバとマルチモードファイバに分けることができます。 シングルモードファイバ:中央のガラスコアは細く、1モードの光しか透過できません。モード間の分散は非常に小さ
MORE
レーザーカッティングについて
07
2021,04
レーザーカッティングについて
自動車製造業における輸出や国内のアップグレードのニーズを満たすために、小ロットや複数の種類の車両の生産が標準であり、一般的な自動車の車体部品の元の加工技術は、今日の製品の品質と生産を完全に満たすことができなくなっていますなかでもレーザー切断機は、高精度で多孔質で複雑な形状の特徴を処理するという特徴があり、かけがえのない役割を担っています。
MORE
Han's Laser2020年売上は120億を超え、前年比25.8%増加しました。
10
2021,03
Han's Laser2020年売上は120億を超え、前年比25.8%増加しました。
Han's Laserは、2020年の年度決算を発表しました。決算報告によると、2020年1月から12月までの総営業利益は12,032,367,719.27元で、前年同期から25.83%増加しました。これは、上場企業の株主に帰属する純利益です。昨年同期比45.27%増の932,953,714.76元でした。
MORE
レーザーマーキングのカスタマイズ
10
2021,03
レーザーマーキングのカスタマイズ
小年」は通常、春節の始まりと見なされます。皆さんは新年を迎えるためにいろんな準備したり掃除したり等をしています。「小年」の日から新年準備を始めます。 技術の発展に伴い、レーザー技術は工業製造分野から私たちの日常生活に徐々に拡大しています。春節の必需品といっても過言ではありません。
MORE
< 1 2 
伝言
名         前:
携帯の番号:
会社の概要:
電子メール:
内         容:
お問い合わせ